京都(下京区・伏見区)の耳鼻科 大岡医院 〜鼻炎・花粉症・睡眠時無呼吸・いびき〜

日帰り手術

当院においては下記のような日帰り手術をおこなっております。
入院がいらないので、忙しい方にも受けていただく事が可能です。

アルゴンプラズマ凝固法について

アルゴンプラズマ凝固法 アルゴンプラズマ凝固法

紫色のところをアルゴンプラズマにて焼灼します。

アルゴンプラズマ凝固法とは、高周波電流をアルゴンガスとともに流して、下鼻甲介へ吹きつけ、同部の粘膜の表面を蒸散させる手術です。この手術により下鼻甲介の粘膜が変性し縮むので、アレルギーの反応が起こりにくくなり、鼻の通りを良くする効果があります。
いままでのレーザー照射と同様の手術ですが、より新しく安全な治療法で、レーザー照射に比べて粘膜の蒸散を均一な深さで確実に広範囲に行うことが出来ます。手術時間もレーザーに比べてかなり短時間で済みます。(手術のみの時間は片側5~10分程度)

対象となる方は、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)の患者さんの中で、特に鼻づまりの症状が強い方、飲み薬や点鼻薬が効きづらい方、できるだけ薬を飲みたくない人、いびきが強く鼻づまりが原因の方、妊娠を考えている方などが手術の対象となります。子供さんでも、動かないでじっと座っていられる子なら可能です(小学生高学年以上)。

※心臓ペースメーカーを装着している方は受けられません。(このような場合はトリクロール酢酸の塗布など別の方法で対処します)
※鼻中隔彎曲症(鼻の真ん中の壁の曲がりが強い方)の方は、壁が曲がってせまい側の手術は出来ない場合があり適応になりません。

注意点

(1)アレルギー性鼻炎の症状を全く消失させる治療法ではありません。また永久的に効果があるわけでなく、あくまで鼻づまりを中心に、一定期間症状を和らげる・抑える治療です。内服や点鼻で効果がある方は、今まで通りの治療を続ける事がおすすめします。

(2)術後すぐに症状が改善するわけではありません。効果が出るまでの2週間位の間は、鼻づまりが悪化しますので普段の状態より苦しくなる可能性があります。

(3)治療効果に関しては個人差があります。効果の持続は短い人で半年位で、多くの方は1~2年前後と言われています。従って、花粉症の方は毎年手術を受けることが必要な場合もあります。治療効果が弱い場合は、再手術を受けることも可能です。